2017.12.7 東京「インドの小さな出版社、まっすぐ本を作る」

「インドの小さな出版社、
まっすぐ本を作る」
タラブックス トークイベント at 東京
矢萩多聞

インドの小さな出版社がどのように絵本を作り、そして世界に届けているのか。
そこでは、どんな人たちが、どんな風に働いているのか――

「タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐ本を作る」(玄光社)が出版され、板橋区立美術館でも「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」(11/25~)が始まり、ここ日本でも、彼らの本作りと働き方に大きな注目が集まっています。

タラブックスの絵本を知っている人もそうでない人にも聴いていただきたい、ものづくりに関わる方必見のトークイベントを、子どもの本の出版社ポプラ社で開催させていただくこととなりました。
現地で取材をされた装丁家の矢萩多聞さんに、貴重な映像などを交え、お話しいただきます。

 

2017年12月7日(木)

18:00開場/18:30~

ポプラ社コンベンションホール

東京都新宿区大京町22-1
HAKUYOHビル ポプラ社1F
[→Web

矢萩多聞 画家・装丁家。
9歳から毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から南インドと日本を行き来しして暮らす。2002年、本づくりの仕事をはじめ、これまでに450冊を超える本を手がける。現在は京都に暮らし、ちいさな暮らしと働き方について考える日々。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)がある。www.tamon.in

ご予約

無料

下記のポプラ社の予約フォームよりご予約ください。

12/7(木)「インドの小さな出版社、まっすぐ本を作る」タラブックス トークイベント
https://www.poplar.co.jp/topics/43393.html

Posted in イベント.